法律というものは身近な存在

弁護士に聞きました!合法と違法の境界線

契約に関するトラブル続発

私は、渉外業務を得意としています。だから法律というものは身近な存在です。

しかし、身近ですけど、解決は専門家に依頼した方が良いと思います。
私のトラブルは消費者トラブルです。この手のトラブルはキャンセル時に起こるのが通常でしょう。

キャンセル時のトラブルは、契約を締結時によく読んでいない客側が不利ですね。

不利な時に専門家、つまり弁護士を依頼しても成功報酬が発生しないから依頼は受理してくれませんよね。
私の場合は、契約時の内容を読むことができました。内容も理解することができました。

成功報酬が発生しないのも分かりました。
よって専門家には依頼しなかったのです。

私は、契約時の内容を理解できましたから自分の落ち度が分かりました。
しかし、契約の書類に不慣れな人は、専門家に法律相談をするべきです。費用は掛かると思いますが、しなかったら泣き寝入りが通常手段となり、大損をする可能性を持って将来生きていくとこになります。
リスク計算をするべきですね。